安中市松井田町の龍本山松井田院不動寺。

不動寺 (1)
不動寺 (3)
創建は寛元元年(1243年)、慈猛上人の開山といわれている。戦国時代は、武田信玄の帰依を受けて、寺領の寄進を受けるなど、武田家の祈願所として寺運も隆盛している。

不動寺 (5)
仁王門は、江戸時代初期の建立と推定され、全体が朱色で彫刻部が極彩色で彩られている。

不動寺 (6)
仁王門前には、観応3年(1352年)に建立された3基の石塔婆がある。南北朝時代の信仰形態を知る上で貴重な資料となっている。

不動寺 (2)
不動寺 (4)
不動堂に安置されている不動明王は、鎌倉時代初期の作と推定される。総高26.2cmの小さい座像であるが、精巧な技法のため、その小ささを感じさせない迫力を持っている。

県の重要文化財が3つもあって、しかもそれぞれ年代が違うなんて珍しいよね。(不動明王像:鎌倉初期、石塔婆:室町初期、仁王門:江戸初期)