安中市原市の旧碓氷社本社事務所。

碓井社は、生糸商萩原音吉、豪農萩原鐐太郎らの発起で、明治11年(1878年)座繰り製糸(ざぐりせいし)の改良を目的に設立された。

座繰りってのは、手動(手回し)で繭から糸を引く方法(道具)のこと。

旧碓氷社本社事務所 (2)
旧碓氷社本社事務所 (1)
碓氷社の本社として、明治38年(1905年)に建てられた。

旧碓氷社本社事務所 (4)
旧碓氷社本社事務所 (3)
基本的には和風だが、小屋組・軸組に洋風の構造をもち、窓ガラスにはフランス製の板ガラスを使っているらしい。ほとんど改造されておらず、竣工当時の姿を今日まで伝えている。

当時の群馬県の組合製糸業の発展・興隆を示す歴史的遺産として貴重な建物、ということで群馬県は重要文化財に指定してるんだけど・・・。

その割には、周りの環境はあまり良くない・・・。現在、すぐ隣は大型のホームセンター。見方によっては、ホームセンターの広い駐車場の一角にあるように見える。

ホームセンターの買いもの客の車が、前をひっきりなしに通っている。誰もこの建物の謂れなんて、知らないんだろうなぁ~。