安中市松井田町の五料の茶屋本陣。

茶屋本陣は、江戸時代に参勤交代などで、中山道を通行する大名やお公家さんらが、休憩したところ。宿泊用ではなく、休憩や昼食、あるいは碓氷関所の時間待ちなどに利用された。

西と東の2棟からなり、「お西」「お東」と呼ばれている。もともと2軒の家(別のお宅)である。

五料茶屋本陣 お西 (1)
五料茶屋本陣 お西 (9)
五料茶屋本陣 お西 (8)
これは「お西」。文化3年(1806年)の建築で、明治天皇の北陸東海ご巡幸の際には、ご小休所として使われた。

五料茶屋本陣 お西 (6)
妙義山を借景とする、ちょっとした庭があるんだけど、おばさん連中が縁側に居座っちゃって・・・。妙義が撮れず。

五料茶屋本陣 お西 (3)
ちょうどひな人形展をやっていて、3間を使って展示されていた。

五料茶屋本陣 お東 (5)
五料茶屋本陣 お東 (1)
五料茶屋本陣 お東 (2)
こっちは「お東」。「お西」と同様、文化3年(1806年)の建築。

五料茶屋本陣 お東 (3)
書院造りの上段の間。大名やお公家さんが休憩したところ。

五料茶屋本陣 お東 (4)
入り口わきに風呂場の表示が。下から蒸気で蒸す、蒸し風呂?。

この2家とも、松井田城主の家臣の末裔で、慶長6年(1601年)頃には、既に名主を勤めていたらしい。以降、明治5年(1872年)まで、1年交代で名主を勤めたという名家である。