高崎市箕郷町の箕輪城址。

もともと、この辺は箕輪町だったが、隣の車郷村と合併して箕郷町になった。その箕郷町も高崎市と合併している。

箕輪城址
箕輪城址2
箕輪城は永正9年(1512年)に長野氏が築城したといわれている。その後、武田氏、織田氏、北条氏と城主が変わり、天正18年(1590年)徳川氏の関東入府に伴い井伊直正が城主に。井伊直正が近代城郭へ改造したが、慶長3年(1598年)高崎へ移封されたことで廃城に。

箕輪城址3
箕輪城址4
搦手口から二の丸址を通り本丸址へ。

箕輪城址5
本丸址には、何にもない。ただ野原が広がっているだけ。何か工夫できないもんかねぇ~。まあ、春には桜がきれいだということだが。

箕輪城址6
箕輪城址7
本丸址隣には御前曲輪址がある。ここは永禄9年(1566年)武田信玄の猛攻に耐えきれず、時の城主・長野業盛(なりもり)が自刃した持仏堂があったところ。19歳と言われている。将兵の慰霊碑も建っている。

ところで、道路沿いに駐車場があったので、そこに車を置いて歩いて登って行ったんだけど、二の丸址横にも立派な駐車場があった。知ってれば、こんなに歩いてこなかったのに・・・。