藤岡市藤岡の十却山成道寺(じょうどうじ)。

成道寺 (1)
成道寺 (3)
成道寺は元和9年(1623年)大通上人の開山。成道寺には江戸後期の浮世絵師・菊川英山のお墓がある。

菊川英山画
菊川英山は主に文化年間(1804年~1818年)に活躍し、初代歌川豊国ともに、錦絵の美人画界の人気を二分した浮世絵師。天保(1830年~1844年)中期になると、大錦竪二枚続の美人画を創案、以降多くの美人画を描いた。

しかし人々の好みが粋であだっぽい、新タイプの美人画に移行していった流れについていけず、晩年は不遇をかこった。文久2年(1862年)、藤岡の呉服屋に嫁いだ娘の家に身を寄せている。

成道寺 (2)
そのため藤岡の成道寺に墓がある。だいぶ苔がついており、手入れがされてないようである。もう末裔の方は藤岡にはいない??