藤岡市藤岡の超光院増信寺。

増信寺 (1)
増信寺 (3)
増信寺 (4)
増信寺は天正14年(1586年)斎藤増信の開基、僧・信誉超光の開山と伝わる。斎藤増信とは藤岡の開拓を進めたとされる豪族。開基と開山の双方から寺号と院号を称しているようだ。

増信寺 (2)
増信寺 (5)
門前には、天保3年(1832年)に立てられたという道標がある。「左 江戸」「右 秩父」

三叉路(現在の1丁目だとか)にあったが、交通が激しくなったので、昭和35年(1960年)頃、増信寺の門前に移されたという。

高さが174cm、角柱幅24cmで、石材には安山岩が使われている。裏面には、「旅人たちをはじめ地元の人たちでさえ、三叉路で道に迷う者が多く難儀していたので、道標を立てて道ゆく人々の便を図る」という造立の理由が記されている。

地元の人も迷う三叉路って、どんな感じだったのかね。このお寺のすぐ近くに、国道254号(旧道)が走っており、今はT字路だけど「左 江戸、右 秩父(今の道だと直進)」っぽい所があるので、そこかな??