神流町を流れる神流川に鎮座する丸岩。

丸岩
神流川の真ん中にある、周囲50m、高さ15mの巨岩。何がどうなって、こんな大きな岩が川の真ん中にあるのか知らないが。山側から落ちてきた?

太古の昔、丸岩で休んでいる神様に、村人が鮎を添えて麦飯を差し出したところ、鮎の尾まで召し上がり日本一の鮎だと喜んで、この地を魚尾と名付けたと伝えられている。

ところで、丸岩の横あたりの道に解説板が立っているのだが、道が非常に狭く、車を停めるところもなく、ゆっくり見ることもできなかった。ちょっと離れたところに車を停めたのだが、解説板まで歩いていくのも面倒だったので・・・。

神流町、特に旧中里村の道は狭いね。主要幹線道路なのに、車がすれ違えない所があるんだもんな。