高崎市箕郷町金敷平の大山祇神社。

大山祇神社 (1)
大山祇神社 (2)
金敷平大山祇神社の創建は不詳。ご祭神の大山津見神は「大山に鎮まる霊」で、山々を統括する神。金敷平地区は山あいなので、林業の安全と繁栄を願っての建立と考えられる。

鳥居は天明3年(1783年)建立。灯籠(半分しか写ってないけど)は明治5年(1872年)の奉納。

大山祇神社 (3)
大山祇神社 (4)
社殿の建立年などは不明。外観がまだ綺麗なので、近年の再建もしくは修築と思われる。

大山祇神社 (5)
大山祇神社 (6)
境内社の千勝神社。天保12年(1841年)の建立。余り聞かない名称なので、よく分からない。

大山祇神社 (7)
庚申塔2基は万延元年(1860年)と寛政年間(1789~1801年)の造立。右から2番目は馬頭観音で文化6年(1808年)の造立。

愛宕神社 (1)
愛宕神社 (2)
明治27年(1894年)に合併された金敷平愛宕神社。金敷平愛宕神社の創建は不詳。

愛宕神社 (3)
大山祇神社の境内脇から山へ登っていくように参道がある。距離は長くないがけっこうな坂道。急坂以上に難渋したのが大量のクモの巣。例祭時くらしか訪れる人もいないのだろうけど。まあ地域の神社って、だいたいそんなもんだけど。

愛宕神社 (4)
石祠もちょっと崩れてしまっている。

金敷平愛宕神社はもともと当地にあったのか、合併で遷座してきたのかは分からない。