伊勢崎市間野谷(あいのや)町の石造層塔。

間野谷の石造層塔 (1)
間野谷の石造層塔は凝灰岩製で、総高175cmの4重の塔である。造立年代は、その特徴から鎌倉時代と推定される。

間野谷の石造層塔 (2)
一般的に層塔は3重や5重のように奇数の場合が多く、4重という偶数の層塔は珍しい。奇数は割り切れないことから「無限」を表すといわれるため、この層塔も当初は5重であったのではないかと思う。

上部には相輪が乗っていたと思われるが、現在は五輪塔の空輪、風輪が転用されている。なお、基礎部などには格狭間・種子・仏像などは見られない。

石造層塔は、もとは間野谷共同墓地内にあったが、平成28年(2016年)の保存修理事業に伴い現在地へ移転された。

ちなみに、藤原秀郷(俵藤太)の3男・千国が、秀郷の供養のため造立したとのいわれもあるようだ。秀郷の供養塔とされる五輪塔が、同じ旧赤堀町の宝珠寺にある。これも3男・千国の造立とされる。(「藤原秀郷(俵藤太)の供養塔 -宝珠寺-」参照)