伊勢崎市波志江町の新宿(あらじゅく)の変型板碑。

新宿の変形板碑 (1)
新宿の変型板碑は高さ93cm、厚さ30.5cmで、頂部は山形をしており縁部には約4cmの縁取りが施されている。明応2年(1493年)の造立銘がある。周りの石囲いは文政10年(1827年)に造られている。

新宿の変形板碑 (2)
塔身は安山岩製で、中央に大日如来を表す種子(梵字)と円形に近い蓮華座が刻まれている。

地元では大正寺跡と呼ばれている場所なので、もともとは大正寺というお寺があったらしい。板碑の北側には、道を挟んで墓地がある。