富岡市妙義町の妙義神社。
ちなみに、妙義山とは白雲山、金洞山、金鶏山とか、いくつかの山の総称。

妙義神社
けっこう急坂の参道を登っていく。総門には立派な仁王像が。

妙義神社 (2)
境内に入り、さあ本殿に向かおうと思ったら、通行止め。台風の被害(土砂崩れ?)があったみたいで、修理中でした。残念!! (しかし、いつの台風だ。)

そう言えば、外国の方が参拝に来ていた。神社の方(?)が通訳さんを介して、神社の由来みたいなことを説明していた。理解できるんかねぇ?

この中の女性の脚(ふくらはぎ横)に、見事なタトゥーが。絵柄はよく分かんなかったけど、肌が非常に白かったので、目立っていた。

一緒に写真撮ってもらえば良かった。

追記
再訪記はこちら「本殿の修理が完了しました -妙義神社 その2-