上毛かるた紀行、第25弾!

れ
(れ) 歴史に名高い 新田義貞

新田義貞
新田荘歴史資料館前にある銅像

新田義貞ほど行った偉業の大きさと、その知名度に差がある人物はいないような気がする。政治力のない田舎侍的なレッテルも貼られているし。約150年続いた鎌倉幕府を滅ぼした中心人物だが、その後最終的に天下を取ったのが、同じ源氏の足利尊氏なのは皮肉なこと。

生品神社
生品神社 (7)
生品神社 (8)
太田市新田市野井町にある、生品神社。元弘3年(1333年)後醍醐天皇より鎌倉幕府討伐の綸旨を受け、この生品神社で旗揚げをしたといわれている。生品神社は太平記にも出てくる。

生品神社 (4)
拝殿前には、旗揚げの際に義貞が軍旗を掲げた、といわれる椚の木がある。でも、明治37年(1904年)に倒れてしまい、保存のため薫蒸処理しポリウレタン系樹脂加工がしてある。

生品神社 (5)
境内には義貞の銅像があったのだが、今年(2010年)の2月19日に盗まれているのが発覚。この銅像は、昭和16年(1941年)に地域の子供たちなどの勤労奉仕作業、及び廃品回収作業の収益金により建てられたものだ。

まったく不心得者がいたもんだ。