上毛かるた紀行、第23弾!

や
(や) 耶馬渓しのぐ 吾妻峡

吾妻峡 (4)
吾妻峡 (11)
吾妻峡は関東の耶馬渓と呼ばれ、国の名勝に指定されている。本家の耶馬渓は大分県中津市にあり、新日本3景のひとつに数えられている。まあ、それをしのぐということ。(でも、はっきり言って、言い過ぎ。)

吾妻峡 (6)
吾妻峡 (7)
紅葉シーズンだったため、すごく混んでいた。吾妻川は国道のすぐ下を流れているので、道路沿いにいくつか駐車場があるが、あまり広くなく渋滞まで発生していた。

吾妻峡
なんとか車を停めて、さあどこに行こうかな、と思っていると遊歩道の看板が。遊歩道は吾妻川をはさんで国道の向こう側にある。とりあえず行ってみるか。

これが失敗だった。

吾妻峡 (9)
吾妻峡 (12)
思ってた以上にアップダウンが激しく、歩き始めて数分でゼイゼイ。しかも、木々や枝が邪魔をして、吾妻峡(吾妻川)が良く見えない。もう少し行けば、もう少し行けば、と頑張ったのだが・・・。途中にあった展望台って、全然見晴らしが良くなかった。

結局、疲れただけで・・・。途中で引き返した。

吾妻峡に行った際には、国道を歩くことをお奨めする。車がけっこう走っているので、充分注意が必要だけど。

ところで、今話題の八ツ場ダムができると、名勝指定地域の4分の1を失うことになる。(当初計画では、渓谷のほぼ全域がダム予定地だった。)八ツ場ダムもどうなることやらだけど、吾妻峡もどうなることやら・・・。