上毛かるた紀行、第37弾!

は
(は) 花山公園 つつじの名所

つつじが岡公園 (1)
つつじが岡公園 (2)
館林市花山町のつつじが岡公園。公園付近一帯は、古くからから山つつじが自生していて、「つつじが崎」と呼ばれていた。

つつじが岡公園 (12)
5月15日でつつじ祭りも終わり、無料開放中。もちろん、つつじはすっかり旬を過ぎ、終わっている。まあ、しょうがない。人混み嫌いなので、空いていてよかったと逆に思う。

つつじが岡公園 (3)
つつじが岡公園 (10)
つつじが岡公園 (9)
つつじって言う名は、花びらの元が筒状になっていて、花の形が筒咲きと呼ばれることから、つつじになったといわれている(他説あり)。

公園内にはいろんな謂れのつつじがある。そのひとつが、勾当内侍遺愛のつつじ。新田義貞が、勾当内侍のために植えていたつつじを、第9代館林城主・榊原忠次が、新田郡武蔵島村(現在の尾島町)から移植したと伝えらるもの。

実は、これだけを見に行ったようなもんなのだが・・・。一生懸命探したんだけど、迷路のようになっていて、結局見つからず。けっこう歩いたんだけどね。

クツ変えたばかりだったので、クツずれで足が痛い!!