上毛かるた紀行、第33弾!

ぬ
(ぬ) 沼田城下の 塩原太助

利根郡新治村(現みなかみ町)の出身で、宝暦11年(1761年)江戸に出て、炭屋山口屋で奉公。勤勉な働きぶりで蓄財に励む。後に独立し、本所相生町に店を出し大繁盛、ついには幕府のお金御用を務めるまでになった。

塩原太助 (9)
塩原太助 (3)
みなかみ町(旧新治村)新巻に塩原太助翁記念公園がある。

塩原太助 (6)
塩原太助 (2)
江戸に出て身を興したい、という申し出を父親に許されず、ある朝草刈りに行くふりをして、愛馬「あお」を引いて家を出る。まあ、今で言う家出である。

塩原太助 (7)
塩原太助 分かれの松
香才ケ原で、あおを松の木につないで別れた。これが上毛かるたの絵札。いや~っ、本当のところ塩原太助のことなんて知らなくて、絵札の意味ももちろん知らなかったんだよね。

塩原太助 (8)
記念公園から数10mの所に、太助の生家がある。まだご子孫がお住まいのようだ。

富豪になってからも謙虚な気持ちで清潔な生活を送り、私財を投じて道路改修や治水事業などを行った。群馬県内にも、太助が寄進したというものが、けっこうある。オレが知ってるのは、榛名神社の石玉垣と榛名湖への道沿いの常夜灯や灯篭。

戦前には立志伝型人物として教科書に載っていたのも、うなずけるところだ。