富岡市大島の鎮火神社。

鎮火神社 (1)
鎮火神社 (2)
明治42年(1909年)に高瀬村各地区の17社を合祀し高瀬神社とした際に、大島地区の若宮八幡神社なども合祀された。大正9年(1920年)に空宮となった若宮八幡神社の社殿を鎮火神社に移し、さらに大島地区内の8社を合祀している。

鎮火神社は大島地区のほぼ中央に位置することから、地区の氏神さまとして地域の崇拝を受けるとともに、高瀬神社の遙拝所の役割も果たしている。遙拝所は離れたところから神仏などを拝む場所のこと。

関連
 「旧高瀬村の総鎮守 -高瀬神社-