藤岡市立石の若宮山立石寺。

立石寺 (1)
立石寺 (2)
立石寺は大永2年(1522年)東林上人の開山。寛文8年(1669年)に前橋藩主・酒井雅楽頭忠清の祈願寺となっている。

天明3年(1783年)に堂宇を焼失、本堂は文政4年(1821年)の再建。平成4年(1992年)に屋根の葺替えを行っている。地蔵殿堂の扁額がかかるが、何だろう。本尊は薬師如来のはずだが。

立石寺 (3)
鐘楼は慶応元年(1865年)の再建。梵鐘はない。先の大戦で供出し、そのままなのかな。

立石寺 (4)
六地蔵は比較的新しい。

立石寺 (5)
双体道祖神。 平成8年(1996年)檀家の方の奉納。

立石寺 (6)
大正2年(1913年)建立の宝塔。

立石寺 (7)
立石寺には多数の仏像が安置されており、その内4体が藤岡市の重文に指定されている。指定仏像が安置されている宝物殿らしき建屋。

4体は、薬師如来立像(像高56.5cm、製造年代は室町時代と江戸時代初期の2説ある)、阿弥陀如来立像(像高77.5cm、鎌倉時代)、十一面観音立像(像高70cm、鎌倉時代)、不動明王像(像高98cm、鎌倉時代)。

本尊でもある薬師如来立像は酒井忠清の念持仏である。念持仏とは、個人が身辺に置き私的に礼拝する仏像のこと。また、不動明王立像の背面裾には「立石寺」の墨書があるみたいだが、後世の追加だと思う。不動明王像の製造年代と立石寺の創建と年代が合わないので。