高崎市岩鼻町の北向き子育て観音。

岩鼻北向観音 (1)
岩鼻北向観音 (2)
岩鼻北向観音 (3)
岩鼻北向子育て観音(正式名称がある?)の由緒は不明。お堂前の灯籠の銘は文政3年(1820年)だったので、江戸期には既に当地に根付いていたようだ。

岩鼻北向観音 (4)
岩鼻北向観音 (5)
岩鼻北向観音 (6)
お堂の彫刻は立派だ。作者などは分からない。

岩鼻北向観音 (7)
ご本尊の如意輪観音。如意輪観音は安産・子育てに御利益があるとされ、女人講(子育てや安産祈願)の本尊としても信仰されてきた。

毎年8月20日に「岩鼻町子育観世音大祭」が開催され、約3500発の花火が打ち上げられる。昨年(2018年)がお祭が復活して92年とあったので、大正15年(1926年)頃に復活したようだ。

花火を「煙火」と書くあたりに歴史を感じる。岩鼻には群馬の森を中心に、昭和20年(1945年)までは旧陸軍の弾薬製造工場があったので、それも関連してるのかな。