高崎市岩鼻町の赤城神社。

岩鼻赤城神社 (1)
岩鼻赤城神社 (2)
岩鼻赤城神社の創建は不詳だが、三夜沢赤城神社から豊城入彦命の分霊を勧請したもの。

岩鼻赤城神社 (3)
岩鼻赤城神社 (4)
二ノ鳥居は合祀された稲荷神社のもの。稲荷神社は寛政6年(1794年)に江戸幕府代官・吉川栄左衛門が岩鼻陣屋を設立した際、管内農桑業の幸福を祈念し坂上北(字名)に創建。坂上北は岩鼻陣屋があった場所。現在は日本火薬の社宅やクラブがある辺り。明治28年(1895年)岩鼻赤城神社に合祀されている。

岩鼻赤城神社 (5)
二ノ鳥居には大きく「山本大膳源雅直」の名が。山本大膳は第4代の岩鼻代官。

岩鼻赤城神社 (6)
岩鼻赤城神社 (7)
拝殿は昭和41年(1966年)に瓦屋根への葺き替えなど改修されてる。

岩鼻赤城神社 (8)
拝殿前の狛犬はすっかりすり減って、可愛い子犬の石像のようになっている。

岩鼻赤城神社 (9)
本殿は神明造りで、棟持柱が建物の外に独立している。これは全国的に非常に珍しい建築様式である。本殿は昭和60年(1985年)に屋根を銅板に葺き替え、平成9年(1997年)に土台補強を行っている。

岩鼻赤城神社 (10)
神楽殿。

岩鼻赤城神社 (11)
社殿裏の大ケヤキ。ご神木かな。

岩鼻赤城神社 (12)
岩鼻赤城神社 (13)
境内社の巣黒神社。元の鎮座地が旧陸軍の火薬製造場用地となったため、明治13年(1880年)岩鼻赤城神社境内に遷座している(合祀ではないようだ)。今の群馬の森、日本化薬、高崎量子応用研究所(旧原研高崎)の一帯が火薬製造場だった(量子応研のところは後の拡張域)。

関連
 「社有地なので入れない? -岩鼻陣屋跡-
 「岩鼻代官・吉川栄左衛門の墓 -高崎岩鼻・観音寺-
 「ダイナマイト発祥の地 -群馬の森・ダイナマイトの碑-