渋川市祖母島のキンモクセイ

祖母島のキンモクセイ
祖母島のキンモクセイは、主幹は根元周り2.7mで、地上0.8mで5支幹に分かれている。各支幹周りは0.8mから1.1m。樹高は8.5m、樹冠東西8.6m、南北9.3m。樹齢は約280年といわれている。樹勢は旺盛で病害虫や大きな損傷はなく、国内最大級のキンモクセイである。

キンモクセイは雌雄異株だが、日本には花付きの良い雄木がほとんどなので挿し木で増やすそうだ。