上毛かるた紀行、第12弾!

ま
(ま) 繭と生糸は 日本一

群馬県は養蚕業が盛んで、絹織物等の名産が各地にある。群馬の養蚕業に関して、いろいろ学べるのが高崎市金古町にある県立日本絹の里(博物館)。

日本絹の里 (11)
日本絹の里 (7)
館内は群馬県の養蚕業の歴史や昔の機織り機から、遺伝子組み換えによる群馬オリジナルの繭等、新旧合わさった展示となっており意外と楽しめる。

日本絹の里 (4)
日本絹の里 (8)
日本絹の里 (9)
古い繭が保存されていたり、伝統産業の絹織物の展示もある。

日本絹の里 (10)
日本絹の里 (3)
機織りも体験できる。この日は女性が実際に体験していた。説明・指導役のおばさんも丁寧だった。

オレが物心ついたころ、うちも養蚕をやっていた。カイコに桑の葉をあげたりして、遊んでいた記憶がかすかにある。近所では、最近まで養蚕をやっていた農家があった。でも今はどうなんだろう。あんまり見なくなったような気がする。