吾妻郡東吾妻町小泉の白鳥神社。

小泉白鳥神社 (1)
小泉白鳥神社 (2)
小泉白鳥神社の創建は不詳だが、地域の口碑(言い伝え)では上野国神名帳にある「小磯明神」のことだという。何でも地名も神社名も「小磯」が訛って「小泉」になったらしい。吾妻郡誌もそのこと(訛り)を書いた上で「記載し後人の鑑定に備える」としている。

石灯籠には文化6年(1809年)の銘があった。

小泉白鳥神社 (3)
小泉白鳥神社 (4)
小泉白鳥神社 (5)
境内は広くはないが木々に囲まれ、入母屋造りの拝殿と神明造りの本殿がよく映えている。社殿は大正11年(1922年)に全焼、翌年再建されている。

小泉白鳥神社 (6)
境内社の秋葉宮。

小泉白鳥神社 (7)
コンテナ置き場になっている舞殿。歌舞伎舞台かな。

小泉白鳥神社 (8)
注連縄が飾られているので神石? 霊石? 磐座?

小泉白鳥神社も前回紹介の奥田白鳥神社同様、過去「白頭明神」呼ばれていたようなので、中之条の市代牧を守護する役割を担っていたようだ。口碑を信じるなら、小磯神社→小泉神社→白頭神社→小泉神社かな。(奥田白鳥神社は「東吾妻町・奥田白鳥神社」参照)