渋川市有馬の満行山泰叟寺。

泰叟寺 (1)
泰叟寺の由緒は不明。山号から榛名権現(伊香保)との関連性があると考えられる。前回紹介した「若伊香保神社」のすぐ隣りにある。若伊香保神社の隣りと書いたが、年代的には泰叟寺の隣り(もしかしたら寺域)に若伊香保神社が遷座してきた(昭和23年:1948年)のだと思う。

泰叟寺 (2)
石段脇の六地蔵。最近増えてきたかわいい系のお地蔵さん。

泰叟寺 (4)
泰叟寺 (5)
泰叟寺 (6)
本堂前で狛犬が守護している。狛犬というと神社のイメージが強いが、元々は仏の守護獣なのでお寺にあるのが普通。明治期の神仏分離、その後の国家神道化などで、狛犬は神社の方に多くが移されたのではないか? と勝手な想像。

泰叟寺 (6)
本堂の入り口前に2体の石像が見える。見覚えのある人気キャラ。

泰叟寺 (7)
泰叟寺 (8)
ドラえもんとアンパンマンの石像。どういう意図で置いてあるのか分からないが、これはこれで親しみがあっていいのでは。

これを見ると、ドラえもんとアンパンマンは可愛く石像化するにはもってこいのキャラだと思った。