伊勢崎市境島村の板倉。

島村の板倉 (1)
島村の板倉は天明2年(1782年)の建設。四方板囲い(落とし羽目板式)の高床造りで床は板張り。正面9尺(約2.72m)、奥行き6尺(約1.81m)。正面右側は小さな3室に仕切られ、中央と左側はそれぞれ1室ずつになっている。最大90俵の穀物が入る。

なんでこんな写真しかないかと言うと、個人宅内にあるから。横を通る路地からの撮影。個人宅にあるという情報を持ち合わせていなかったのでしょうがない。ちょうど地元の方が通りかかったので聞いてみたら、戸をガチャガチャやってくれたのだが「閉まってるね」。

島村の板倉 (2)
と言うことで、伊勢崎市HPから写真を借用。

不定期だが島村地区の文化財遺産を巡る行事があるようで、そういう時は中に入らせていただき見学できるようだ。