伊勢崎市境島村の日本基督教団島村教会と島村めぐみ保育園本館。

日本基督教団島村教会・めぐみ保育園 (1)
日本基督教団島村教会・めぐみ保育園 (2)
明治初期に蚕種輸出のため横浜を訪れた蚕種業者により島村にキリスト教がもたらされ、明治20年(1887年)に田島善平氏の自宅内に美以教会島村講義所が建てられ島村教会が設立された。明治30年(1897年)に現在地に教会堂が建てられた。

昭和25年(1950年)に2階部分とめぐみ保育園本館を増築。昭和34年(1959年)に礼拝堂北正面に講壇を拡大。

日本基督教団島村教会・めぐみ保育園 (3)
日本基督教団島村教会・めぐみ保育園 (4)
日本基督教団島村教会・めぐみ保育園 (5)
2階建て部分から右側が教会(堂)で、左側が島村めぐみ保育園本館。島村めぐみ保育園は昭和25年(1950年)開園。現在は平成20年(2008年)に建設された新館で保育は行われている。

日本基督教団島村教会・めぐみ保育園 (6)
日本基督教団島村教会・めぐみ保育園 (7)
島村めぐみ保育園の別館。昭和28年(1953年)の建築。島村教会(めぐみ保育園本館)と道を挟んで東側にある。現在も一部使われている。

島村教会教会堂、島村めぐみ保育園本館、別館が国の有形登録文化財に指定されている。

この辺は、ちょうど伊勢崎市と深谷市の境界で、島村教会(めぐみ保育園本館)は伊勢崎市、めぐみ保育園別館は深谷市となる。