伊勢崎市境島村の田島弥平顕彰碑。
世界遺産・田島弥平旧宅の東門の前にある。

田島弥平顕彰碑
田島弥平顕彰碑は、娘の民が父の功績を後世に残すため明治27年(1894年)に建てたもの。タイトルは「南畬田島翁養蚕興業碑」。

田島弥平
田島弥平は明治前期に広く普及した養蚕技法の「清涼育」を確立した。これは蚕室に換気のための窓(櫓)を付けることで空気循環を良くする改良を加えたもの。弥平旧宅はこの実践と言える。明治15年(1882年)には「清温育」の高山長五郎も訪れている。

弥平はこのような養蚕技法「清涼育」や蚕室構造、桑の栽培などについて「養蚕新論」(明治5年:1872年)、「続養蚕新論」(明治12年:1879年)にまとめ著している。

また、弥平は蚕種販売会社・島村勧業会社の設立(明治5年)にも携わり、副社長も務めている(社長は本家の武平)。これは横浜の商人を通さず直接海外へ販売する試みであったが、余りうまくいかず島村勧業社は明治15年(1882年)に解散している。

弥平は養蚕技法改良の功績が認められ、明治25年(1892年)に緑綬褒章を授与されている。

オレも詳しいわけではないけど、養蚕って大変なんだよね。高山長五郎が養蚕技法改良(清温育)に取り組んだきっかけ読んだら、泣けてきちゃったことを思い出した。現在は時代の流れで養蚕は廃れてしまい、「養蚕群馬」の面影はない。