伊勢崎市境島村の明京山宝性寺。
境島村地区は利根川で分断されており、宝性寺は深谷市側にある。

宝性寺 (1)
宝性寺は文禄2年(1593年)僧・明京の開基で字前島に創建。当時の前島は島村の中心部であったが、数度にわたる利根川の洪水により大正3年(1914年)から全戸移転を余儀なくされた。

宝性寺 (2)
宝性寺 (3)
宝性寺も大正3年に現在地移転しており、本堂はその時の建立である。現在、ご住職は他寺の兼務となっており、普段は無住である。

宝性寺 (4)
宝性寺 (5)
昭和59年(1984年)建立の閻魔堂。それまで本堂・中2階に安置されていた閻魔大王像を遷している。

宝性寺 (6)
境内の松。よく手入れがされている。

宝性寺 (7)
宝性寺 (8)
本堂裏に宝篋印塔などが並んでいる。歴代住職の墓所だろうか。

開基の明京の伝承として、天正13年(1585年)の豊臣秀吉の根来寺攻めの際、根来寺にあって巨竹を捻って鉢巻きにして、敵中に突入し根来寺の難を救ったというのがある。本当ならよく生きて上野国までこられたなと思う。