渋川市上白井の御前神社。

御前神社 (1)
御前神社 (2)
御前神社の由緒は不明。子持神社の御前(おんまえ)の社という意味と解釈されている。ご祭神は子持神社と同様の木花開耶姫尊。

御前神社 (3)
御前神社 (4)
現在の社殿は文久2年(1862年)の建立。

御前神社 (5)
円形の句碑。小渕南交が文化13年(1816年)に建立したもので、花塚と呼ばれている。中央に「齋坊塔」とあり、右側に芭蕉の句「しばらくは 花の上なる 月夜かな」。左側には松露庵烏明の時雨の句を刻む。

御前神社 (6)
御前神社 (7)
神輿があった。例祭時に繰り出すのかな。

御前神社の横すぐを利根川が流れているが、この辺りを御前ヶ渕というらしく、この水と雙林寺の竜神水は結縁関係にあると碑に書かれていた。御前神社と雙林寺の関連性を言っているのか? それとも地下で水脈がつながっているとか?

竜神水は取り上げてないが、雙林寺は「雙林寺の七不思議 -雙林寺-」参照。