高崎市新町の諏訪神社。
以前、旧中山道沿いの諏訪神社を紹介したが、こちらは烏川沿い(岩倉橋の袂側)の諏訪神社。どう書き分ければいいのか難しい・・・。

新町諏訪神社2 (1)
諏訪神社は延長3年(925年)に毘沙吐(びさど)村に創建されたと伝わる。毘沙吐村は現在の埼玉県上里町毘沙吐。神流川と烏川が合流する辺り。

弘化3年(1846年)に同村を襲った大洪水のため壊滅的な被害を受け、安政年間(1855~60年)ころまでに全村で新町の下河原に移り住むことになった。同時期に諏訪神社も現在地に遷座している。

新町諏訪神社2 (2)
新町諏訪神社2 (3)
新町諏訪神社2 (4)
社殿は宝暦年間(1751~64年)の建立。

新町諏訪神社2 (5)
中央に諏訪社、右に大杉社、左に稲荷社の三社を祀る三社宮となっている。写真では分かりづらいが、諏訪社は海老虹梁の彫刻など精巧な造りとなっている。

新町諏訪神社2 (6)
境内には沿革を記した碑がある。昭和10年(1935年)の建立。

ちなみに、上里町毘沙吐地区は住民登録0人で、地名のみが残っているだけだという。