伊勢崎市境島村の金井烏洲と一族の墓。

金井烏洲と一族の墓 (1)
金井家墓地内に烏洲や父・兄弟・子の墓がある。

金井烏洲の墓
金井烏洲の墓。
烏洲は江戸時代後期の画家、勤皇家。高山彦九郎に師事し、後に頼山陽と交流し勤皇の志を強くしている。画家としては春木南湖の門下。江戸南画壇のひとりとして名を成した。

代表作の「赤壁夜遊図」は伊勢崎市の重文に指定されている。その他、前橋・龍海院や渋川・雙林寺などの大画面障壁画、伊勢崎・勝山神社拝殿の天井格子画なども手がけている。

以前、テレ東の「なんでも鑑定団」に烏洲の掛け軸が出品され、80万円の値が付いた(出張鑑定 IN 伊勢崎)。

烏洲の身内の墓。
金井萬戸の墓
父・萬戸(俳人)の墓。

金井莎邨の墓
兄・莎邨(詩人)の墓。

金井研香の墓
弟・研香(画家)の墓。

金井杏雨
2男・杏雨(画家)の墓。

3男・芸林、4男・之恭も、それぞれ画家、書家。之恭は貴族院議員も務めている。

金井烏洲と一族の墓 (2)
金井烏洲の副碑。昭和4年(1929年)の造立で、題額は東久邇宮妃殿下、撰文・書は渋沢栄一である。ちなみに、渋沢栄一はその功績から明治の人のイメージが強いが、実は昭和6年(1931年)までの長寿をまっとうしている(91歳)。

金井家は新田氏の流れをくむ岩松家の祖とされる岩松時兼の3男・長義から始まるとされる。当時、烏洲家は島村では名の知られた豪農であった。そのため、みな号を持つ文化人としても活動できたし、烏洲は江戸に出ることもできたということ。