甘楽郡甘楽町福島の甘楽社小幡組由来碑。

小幡組由来碑
甘楽社は明治11年(1878年)に結成された農民の組合製糸結社(当初は北甘楽製糸会社)。養蚕農家が地区ごとに「組」を作り、農家自らで生糸の品質を統一し共同販売したもの。その組のひとつが小幡組。

由来碑は甘楽社小幡組の歴史と発展を後世に伝えるため、大正6年(1917年)に同組合敷地内に建てられた。昭和53年(1978年)に現在地(JA甘楽富岡・甘楽支店)に移設されている。

甘楽社小幡組倉庫
甘楽社小幡組の繭や生糸を保管するために、大正15年(1926年)に建てられたレンガ造りの倉庫は、現在の甘楽町歴史民俗資料館として使われている。
(「学問のすすめの意外な事実 -甘楽町歴史民俗資料館-」参照)