藤岡市上栗須の高樹山浄雲寺。

浄雲寺 (1)
浄雲寺は寛永年間(1624~45年)陽室的重の創建。

浄雲寺 (2)
浄雲寺 (3)
本堂は明治22年(1889年)に火災により焼失。その後、埼玉県の農家から古屋(蚕室)を借り仮本堂としていたが、昭和55年(1980年)に現在の本堂を再建。

浄雲寺 (4)
境内の六地蔵。預天賀地蔵や放光王地蔵など、それぞれお地蔵さんの見分けが付く。

浄雲寺 (5)
本堂前の「なでなで賓頭盧尊」。

浄雲寺 (6)
浄雲寺 (7)
浄雲寺は南毛観音霊場第三番札所。如意珠観音を祀る。

浄雲寺 (8)
浄雲寺 (9)
本堂を覆い隠すように建つ瑠璃光閣。何の施設かよく分からない。奥行きも相当あり、檀徒会館みたいなものか? それにしても、スペースの問題とは思うが、本堂前に建てちゃうなんてすごいな。