前橋市大前田町の諏訪神社。

大前田諏訪神社 (1)
大前田諏訪神社は応永10年(1403年)諏訪大社からの勧請と伝わる。

大前田諏訪神社 (2)
大前田諏訪神社 (3)
拝殿は質素な造りだが、味わいのある古社といった感じ。扁額は薄くなってきており読みづらい。

大前田諏訪神社 (4)
大前田諏訪神社 (5)
本殿はきれいな彫刻が施されている。

大前田諏訪神社 (6)
大前田諏訪神社には獅子舞が伝承されている。
大前田の獅子舞は宝暦年間(1751~63年)に始まったとされ、古くは西原の下の諏訪神社で行われていたが、保存庫が火災にあったとき、獅子頭3体が火の玉となってが今の諏訪神社の方へ飛んで行ったので、それからこの場所で行うようになったという。(写真は群馬県教育文化事業団HPから拝借)

大前田諏訪神社 (7)
伝統の獅子舞を詠った氏子の方の歌碑。

大前田諏訪神社 (8)
よく分からないが、当地は「東福寺」「大前田学校」跡地という標柱があった。大前田諏訪神社の隣には公民館があったので、そこが東福寺跡地で、大前田学校が置かれていたのかも。