前橋市苗ヶ島町の苗島神社。

苗島神社 (1)
苗島神社 (2)
明治初年に東白山神社など3社を合併し苗島神社となっている。当地は東白山神社の鎮座地であるが、東白山神社の創建年は不詳。なお、扁額は群馬県初代県令・楫取素彦の筆である。

苗島神社 (3)
参道の先に二の鳥居。

苗島神社 (4)
拝殿は昭和43年(1968年)の新築。

苗島神社 (5)
本殿は合併時(明治初年)に改築されているようだ。

苗島神社 (6)
社殿横に石殿があった。詳細は不明だが、前橋市の重文に指定されている。

苗島神社 (7)
社殿周りのは多数の末社(八坂神社、天満宮など)が並んでいる。

苗島神社 (8)
同じく社殿周りには巨石がゴロゴロしている。赤城山の山体崩落を伴う岩屑雪崩(約13万~15万年前)の名残か?

苗島神社 (9)
堀田正頌(まさつぐ)徳澤碑。
堀田正頌は幕末から明治初期の人で、下野国佐野藩の最後の藩主。苗ヶ島町との関わりはよく分からない。碑の裏側に経緯が書いてあったのかもしれないが、見てこなかった。

旧宮城村文化財マップ
苗島神社前の苗ヶ島集落センター隅に立っている旧宮城村(苗ヶ島地区)の文化財マップ。そこに白山古墳の記載があり、説明に旧西白山神社跡地とあるので、江戸時代以前には東西に白山神社があったようだ。

ちなみに、白山古墳は探してみたけど見つからなかった。