高崎市上里見町西間野の磨崖碑。

西閒野猿落し磨崖碑 (1)
草津街道の西間野地区猿落しには、かつて「暗がり」と呼ばれる難所があり、人馬の交通が困難だったため、文化6年(1609年)に旧道の上方に平坦な新道が開削された。この碑は、その難事業を記念し崖面に刻まれたものである。

西閒野猿落し磨崖碑 (2)
磨崖碑は現在地より10mほど山側にあったが、平成3年(1991年)県道改修工事に伴い、岩ごと切り取って移設されている。

けっこう近寄って見たけど、何が書かれて(刻まれて)いるのか分からなかった。