安中市松井田町原の白鬚神社。

白鬚神社 (1)
白鬚神社 (2)
白鬚神社の創建は不詳だが、景行天皇40年(110年)日本武尊の創建との伝承がある。これは坂本の八幡宮と同じ由緒。(「日本武尊の勧請 -坂本八幡宮-」参照)

明治41年(1908年)に碓氷峠の熊野神社に合祀されたが、昭和21年(1946年)に分離されている。

白鬚神社 (3)
白鬚神社 (4)
白鬚神社 (5)
日本武尊が東征からの帰途、当地で山の神が白鹿に化けて日本武尊の進路を妨げた。日本武尊は蛭を投げて応戦したが、霧が発生し進退窮まった。すると剣を持った白髭の老人が現れ、白鹿を撃退したので日本武尊は霧から脱出することができたう。

日本武尊はこれを猿田彦命のご加護と考え、石祠を建て祀ったという。これが白鬚神社の起こりといわれる。