邑楽郡板倉町細谷の瑠璃山長徳寺。

長徳寺 (1)
長徳寺の創建は不詳だが、宝永年間(1704~10年)定恵の中興開基とされる。

長徳寺 (2)
山門前に鎮座するのは聖観音?? よく分からない。

長徳寺 (3)
大正7年(1918年)に落雷で本堂他を焼失。翌年、再建されている。

長徳寺 (4)
長徳寺 (5)
長徳寺 (6)
境内の大日如来像、六地蔵、仏塔・石仏群。

本尊の不動明王は「雲切不動尊」と呼ばれ、地域のみならず近隣からも信仰を集め、多数の参拝者が訪れたという。