安中市松井田町小日向の龍王山成就院栄福寺。

成就院 (1)
成就院は弘和元年(1381年)足利鶏足寺の僧・慶秀の創建と伝わる。慶秀が七寺建立の大願を立て、七寺目の当寺で大願成就したため成就院としたとされる。(弘和は北朝の年号で、南朝では永徳になる)

成就院 (2)
本堂は平成7年(1995年)の改修。

成就院 (3)
成就院 (4)
本堂裏山には歴代住職のものと思われる五輪塔が並んでいる。開基・慶秀のものもあるらしいが、雑草に覆われていて見分けることができなかった。

成就院 (5)
境内の宝篋印塔(?)。彦根・金亀山北野寺25世高幢の銘があった。彦根の北野寺は彦根藩2代藩主・井伊直孝が、彦根寺を北野寺と改称したお寺。江戸時代に入ると、彦根北野寺と成就院は密接な関係にあったと推定される。

と言うことは、成就院は井伊家(直孝)と深い関係があったことになる。安中市「ふるさと学習館」の企画展「井伊家と安中」のチラシを見ると、井伊家ゆかりの地の中に成就院が記載されている。(色々調べてみたけど、理由は分からなかった)

成就院には徳川家光からの31石を与える旨の朱印状(写)が残されている。これは直孝が家光の後見役(大政参与)に任じられていたからと推定される。

プチ情報だが、成就院は映画・寅さんシリーズの14作目のタイトルバックに使われているらしい。

関連
 「井伊直孝(井伊直政次男)からの書状 -北野寺-