伊勢崎市長沼町の八幡宮。

長沼八幡神社 (1)
長沼八幡神社 (2)
長沼八幡宮は、康平5年(1062年)に源頼義が奥州平定のおり、石清水八幡宮の分霊を勧請し、戦勝祈願をしたと伝わる。源頼義は、有名な八幡太郎義家の父親である。

長沼八幡神社 (3)
長沼八幡神社 (4)
長沼八幡神社 (5)
浅間山の天明3年(1783年)の大噴火後に、現在地に遷座している。それまでは利根川の氾濫により遷座地が定まらなかったようだ。(長沼町は利根川に面している)

康平5年は源頼義が3度目の陸奥守に任命され、奥州の騒乱の鎮圧に向かった年である。頼義は見事騒乱を鎮圧し、前九年の役を終結させている。