伊勢崎市境小此木の菅原神社。

菅原神社 (1)
菅原神社 (2)
菅原神社は元亨年間(1321~23年)に小此木盛光が天満宮を祀ったのが始まりと伝わる。

菅原神社 (3)
菅原神社 (4)
江戸時代に入ると祭祀は里人の手に移り、寛永年間(1624~43年)に社殿造営、安永年間(1772~80年)には改築を行っている。外観の朱色が鮮やかなので、近年にも改修しているものと思われる。

小此木氏は戦国時代の小此木(小柴)長光くらいしか分からないが、同性で光の字が共通しているので、盛光は長光の祖先? でも、由緒板には盛光は鎌倉時代、新田氏に属していたとあった。長光は能登国出身のはずだが・・・。

と言うことで、やっぱり違うかも(よく分からない)。