富岡市岡本の柳川子之吉の碑。
以前、同所の西方寺を紹介した際、同寺前にあったこの碑も紹介したが、由緒が分からなかった。(「元応2年・貞治2年銘の板碑 -富岡市・西方寺-」参照)

今回、由緒が判明したので再度紹介する。

柳川子之吉の碑
柳川子之吉は、岡本地区で大正から昭和にかけて、地元の青年相撲を指導した人物のようである。もちろん自身も相撲をとっていた。当時の岡本地区は学校の授業で相撲が行われるほど盛んであり、岡本青年相撲という行事があり、みなが競いあったという。

この碑は柳川子之吉を顕彰するため、昭和5年(1930年)に建立されている。

*桺は柳の旧字なので(実は知らなかった)、今回は「柳」と表記。