沼田市上発知町の歌舞伎舞台。

上発地知の歌舞伎舞台 (1)
上発地知の歌舞伎舞台 (2)
諏訪神社・武尊神社合祀神社。正式名称は知らない。諏訪神社? 武尊神社?

上発地知の歌舞伎舞台 (3)
上発地知の歌舞伎舞台 (4)
境内にある歌舞伎舞台。

江戸時代の舞台で、間口5間、奥行き3間。明治32年(1899年)に改装したもので、上下2台の組立下座もあり、歌舞伎に必要な付属品、幕、ふすま、大道具、小道具も保存されている。

舞台を広く、立体的に使用するために、迫山車3台、二重引分け2台等、独特の仕掛け装置がある。これらの仕掛け装置を設置すると、間口は約3倍近い大がかりで特異な舞台となる。

平成10年(1998年)に保存修理が行われている。明治時代末には歌舞伎が盛んに演じられていという。