富岡市下丹生の丹生神社。

丹生神社 (1)
丹生神社の創建は不明だが、「日本三代実録」(901年)、「上野国神名帳」(1298年)などに名前が見られる。

丹生神社 (2)
丹生神社 (3)
丹生神社 (4)
社殿は慶応3年(1867年)に火災で焼失し、後の再建。

丹生神社 (5)
神楽殿。毎年3月27日には、丹生神社多々神楽保存会の皆さんによる神楽の奉納が行われる。

丹生神社 (6)
境内の万葉歌碑。昭和11年(1936年)の建立。万葉集に東歌として載っている(巻14-3560)。「真金吹く 丹生のまほその 色に出て 言はなくのみそ 吾が恋ふらくは」

万葉集の成立年は諸説あるが、延暦2年(783年)頃(奈良時代末)といわれており、この時代に丹生という地名が存在していたことになる。

「真金吹く」とは鉄を精錬するという意味。丹生あたりで鉄が採れたとは聞かないが・・・。一応、この歌は近江国で歌われたという説もあることを書いておく。

ついでに、歌自体の意味は、
「鉄を製錬する丹生の赤土のように顔色に出して言わないだけです。私が恋しているということは」