富岡市原の横尾丹波守吉泉の墓。

横尾丹波守吉泉の墓
横尾吉泉は平清盛の異母弟・忠度(ただのり)の末裔と伝わる。吉泉の父・平信光が信濃国小県郡横尾村の領主となり、横尾姓を名乗っている。

横尾信光は天文17年(1548年)の上田原の合戦で討死。吉泉は幼かったため当地に落ち延び、土着したといわれる。その後、小幡氏に仕え丹波守を名乗っている。吉泉は信望が厚く、原野を切り拓き丹生村の基礎を築いたという。(以上、富岡市教育委員会文化財保護課の資料から)

ところで、いろいろ調べていた中で、上田市のHPに横尾城の話が載っていた。それによると、「室町時代にこの地を支配していた豪族の横尾氏が築城した」とあった。

吉泉の父・信光が横尾を名乗ったと書いたが、それ以前から横尾氏だった可能性もある。上田市のHPにも「天保17年(1548年)の上田原合戦で横尾信光が討死し」とあるので、信光が信濃国にたことは間違いないようだ。(上田市HPの天保は天文の間違い)

ちなみに室町初期の平新光の時に横尾姓に改称した説もあり、その時代から信濃国に土着していた可能性もある。

ということで、横尾氏が信濃国横尾村に来た時期はよく分かんないけど、横尾信光が討死し吉泉が当地に落ち延び、丹生村の基礎を築いたことは確かなようだ。

*写真は後に建てた墓碑の可能性がある。当地(横尾家墓地)に吉泉の墓があるのは確かであるが、墓石は別である可能性もある。それらしき墓石も見つけたのだが、判読できなかった。