藤岡市上大塚の緑埜精糸社跡。

緑埜精糸跡 (1)
緑埜精糸社は明治12年(1879年)に創立された組合製糸である。養蚕農家が20~30軒集まり「組」を作り、緑埜精糸社には21の「組」が参加していた。組合製糸は、農家が生糸を持ち寄って品質を均一にし、販路の開拓まで行う自主組織。

緑埜精糸社は14年という短い歴史であったが、生糸の品質を高めるために農家が自ら養蚕法を改革したことなど、当時としては画期的な効果をもたらした。

緑埜精糸跡 (2)
緑埜精糸跡 (3)
緑埜精糸跡 (4)
緑埜精糸社の製糸工場があった近くの稲荷神社境内に、記念碑(緑埜精糸社発祥の地)が建っている。平成25年(2013年)の建立。

旧緑埜郡、旧多胡郡、旧南甘楽郡には、同様の組合製糸として甘楽社、下仁田社、碓氷社が設立されている。

関連 
 「ホームセンターの駐車場? -旧碓氷社本社事務所-