藤岡市上大塚の大塚山大雲寺。

大雲寺 (1)
大雲寺は文禄3年(1594年)、光徳寺(藤岡市)10世・光山梵徳和尚の開山と伝わる。

光徳寺が天正18年(1590年)の創建といわれているので、4年後に10世?って思ってもう一度調べてみたら、光徳寺は芦田氏(依田氏)が信濃国佐久から藤岡に移封された際、佐久光徳寺の7世を伴ってきたらしい。

それでも4年で7世から10世に? の疑問は消えず。と言うことで、光徳寺の創建がもっと古いか、大雲寺の創建がもっと遅いかということ。
(光徳寺は「芦田氏の菩提寺 -光徳寺-」参照)

大雲寺 (2)
本堂は安永8年(1779年)の建立。当然、その後改修を重ねているが、当時の様式を残しているという。

大雲寺 (3)
境内に庚申塔が集められている。

大雲寺 (4)
大雲寺 (5)
聖観音を祀る観音堂。観音堂は昭和54年(1979年)の再建。

大雲寺は南毛33観音霊場の第8番札所である。