富岡市七日市の稲部市五郎種昌の顕彰碑。

稲部市五郎の碑
稲部市五郎種昌の碑は、種昌が地元の医学発展に貢献したとして、昭和6年(1931年)甘楽富岡医師会が建立したもの。(稲部市五郎種昌は「稲部市五郎種昌の墓 -金剛院-」参照)

種昌については「金剛院」の記事でも書いたが、種昌が蘭学の知識(特に薬や医術)を持っており、七日市藩医に獄中から伝授することで、藩内医学が大きく向上したとされる。それは七日市藩(甘楽富岡)内に多数の蘭学医が誕生したことでも分かる。

明治元年(1868年)には恩赦により、種昌の罪は許されている。ちなみに、この碑が建っているのは七日市藩の牢獄跡である。