伊勢崎市上植木本町の上樹神社。

上樹神社 (1)
上樹神社の創建は不明だが、諸事情から鎌倉時代と想像される。これは境内にあった由緒を記した碑文からだが、「諸事情」とか「想像」とか、なかなか微妙な言い回しだ(笑)。

上樹神社 (2)
上樹神社 (3)
元々は雷電神社と称したが、明治10年(1877年)に9社を合祀し上樹神社となっている。鳥居が7つ建っているが、合祀された諏訪神社、鹿島神社、八幡宮などの奉額が掛かっている。合祀前の神社の鳥居かは分からない。

上樹神社 (4)
上樹神社 (5)
上樹神社 (6)
現在の社殿は慶応3年(1867年)の建立。先ほどの由緒碑によれば、永禄11年(1568年)に赤石城主・荻田備中守、慶長6年(1601年)に稲垣長茂が社殿を改修したという。

荻田備中守って不明だが、永禄11年だと赤石城は由良氏の勢力圏だと考えられるので、荻田備中守って由良氏の家臣かな?稲垣長茂は初代伊勢崎藩主。