伊勢崎市南千木町の千本木神社。

千本木神社 (1)
千本木神社 (2)
千本木神社の創建は南北朝のころとの伝えもあるが、詳細は不明である。

千本木神社 (3)
千本木神社 (4)
ご祭神は五十猛神(いそたける)。五十猛命は素戔嗚尊(すさのお)の子で、林業の神として信仰されている。社名が千本木で、地名が(南)千木なので、昔は緑あふれる所だった?

千本木神社 (5)
永禄3年(1560年)に上杉謙信(当時は長尾景虎)が厩橋城(前橋城)攻めの際、当社で戦勝祈願を行ったといわれている。

謙信の戦勝祈願を伝えるのは小さい標柱のみ。しかも、相当年季が入っている。まあ、伝承の域を出ないので、しょうがない面もある。

千本木神社 (6)
あまり「謙信戦勝祈願」を前面に出していないのは、当社には立派な屋台囃子が伝わっているから。千木町の屋台囃子は伊勢崎市の重要無形民俗文化財に指定されている。