桐生市広沢町3丁目の比呂佐和神社。

比呂佐和神社 (1)
比呂佐和神社の創建年は不詳だが、前橋・三夜沢赤城神社の神霊を勧請し赤城神社として創建。明治42年(1909年)他社を合併した際に比呂佐和神社と改称。

比呂佐和神社 (2)
比呂佐和神社 (3)
比呂佐和神社 (4)
参道脇に広沢保育園があり、そのためか境内が狭く感じる(と言うか狭い)。

比呂佐和神社 (5)
拝殿前にある朱楽菅江(あけらかんこう)の碑。
朱楽菅江は江戸時代後期の狂歌師で、本名は山崎景貫。筆名は「あっけらかん」のもじり。上野国の人ではない。大田南畝、唐衣橘洲と共に天明(1781~89年)狂歌ブームを築き、狂歌三大家といわれた。この碑は文化5年(1808年)広沢村の門弟により建立された。

神社が飼っているのか保育園が飼っているのかヤギがいた。確か烏骨鶏らしき鶏系もいた。(写真はないです)